メタボの原因は腸内環境にあった!!

HOME » 腸内環境を整える5つの戦士 » 体調を整える腸内フローラ

体調を整える腸内フローラ

腸内環境を良くするには、腸内フローラの仕組みを知りましょう。善玉菌と悪玉菌の特徴をそれぞれまとめました。

腸内フローラって何?

人間の腸内には100兆個の細菌が住んでいるのだとか。この膨大な数の細菌たちが、小腸から大腸にかけての壁を覆っている様子がまるで花畑のようなので、腸内フローラと呼ばれています。腸内フローラは、おもに以下の3つの細菌によって構成されています。

■善玉菌

ビフィズス菌や乳酸桿菌など、体にいい影響を与える菌です。
免疫力アップ、感染からの防御、消化吸収の促進など、健康を維持するために大切な働きをしてくれます。

■悪玉菌

ウェルシュ菌やブドウ球菌など、体に悪い影響を与える菌です。増えすぎると、体調を悪化させる可能性があります。
腸内を腐敗させたり、細菌毒素や発がん物質など有害なものを作り出します。

■日和見菌

大腸菌や連鎖球菌など、善玉菌と悪玉菌の中間の立場にある菌です。
普段は何の影響も及ぼしませんが、体調が悪くなると、悪玉菌に加勢して体に悪い働きをします。

悪玉菌と善玉菌のはたらき

私たちの健康は、3種類の細菌の中で善玉菌が優勢に立つことによって保たれています。

腸内で生存できる菌の数は限られており、善玉菌と悪玉菌は生き残りをかけた競争をしています。食生活の変化やストレスなどの様々な原因でバランスが崩れ、悪玉菌が優勢になると腸内環境が乱れてしまうのです。

腸内フローラの状態は、食生活が大きく関係しています。

■善玉菌のはたらき

善玉菌のおもな好物は、炭水化物、食物繊維、オリゴ糖です。これらを発酵させ、乳酸、酢酸、酪酸などの有益な物質を作り出します。
そうして腸内を弱酸性に保つことで、悪玉菌の増殖を抑えます。また、ビタミンB群を作り出し、悪玉菌の腐敗物質を分解したり、外から他の細菌が侵入するのを防ぎます。

■悪玉菌のはたらき

悪玉菌のおもな好物は、たんぱく質です。これを吸収して腐敗を起こし、アンモニアや硫化水素、発がん物質のフェノールなど有害物質を作り出します。
これらが原因で下痢や便秘になったり、免疫力が低下したりします。がんや生活習慣病を誘発することも…。

健康のためにも、善玉菌が優勢の腸内環境にしたいですよね。ラクトフェリンは悪玉菌の増殖を抑え、善玉菌を増やしてくれます。サプリで腸内フローラのバランスを整えるのも、有効な手段と言えるでしょう。

 
腸内環境を整えて脱メタボ