メタボの原因は腸内環境にあった!!

HOME » 腸内環境を整える5つの戦士 » 善玉菌代表ビフィズス菌

善玉菌代表ビフィズス菌

ビフィズス菌のお仕事!

人間の腸内には100兆個以上もの腸内細菌がいると言われています。数字にするとちょっと圧倒されちゃいますよね~自分のお腹の中にそんなに菌がいるなんて。

ちなみに、その腸内細菌の中でも善玉菌と悪玉菌と2つの菌に分けることができるのですが、今回は、その善玉菌についてお話させてくださいね。 善玉菌は読んで字のごとく、良いとされる菌なのですが、その中でも代表的なのが“ビフィズス菌”なのです。このビフィズス菌、空気や光に触れると死んでしまうのです。

それほどデリケートな菌だけに、食品などから摂取するのも大変なんですね。前の項で触れたヨーグルトもそうですが、どうしても、口から入って腸にいくまでに菌が死んでしまうのだそう。

この善玉菌が少なくなると風邪を引きやすくなったり、腸内バランスを崩し、腸とは直接関係ないと思われがちな肩こりや頭痛をも引き起こすので注意が必要ですよ。

赤ちゃんとビフィズス菌の関係

このビフィズス菌、赤ちゃんの腸にあることから発見された菌なのですが、元は母乳に含まれているため、その母乳を飲んだ赤ちゃんの腸にビフィズス菌を増やす働きが存在していたのだそう。

ミルクで育った子と母乳で育った子は、このビフィズス菌を増やす働きに違いがあります。
ただ、最近のミルクは改良されているので、母乳と同様の成分が入っているそうなので、ミルク育ちの人もご安心を!

 
腸内環境を整えて脱メタボ