メタボの原因は腸内環境にあった!!

HOME » 腸内環境を整える5つの戦士

腸内環境を整える5つの戦士

腸内環境を整えてメタボから脱出するためには、5つ必要なことがあった! その5つを項目ごとに説明します。

腸内フローラ

このごろテレビでも話題になる腸内フローラですが、これは腸の壁面にいる菌たちのことを指します。腸内フローラは善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌のバランスが整っていると腸内環境が整っていると判断できます。腸内に乳酸や酢酸があることで悪玉菌が増殖することを防いでくれます。

ビフィズス菌

よく乳酸菌と混同されてしまうビフィズス菌ですが、たしかに乳酸を作り、腸内環境を整えるという働きは同じです。しかし、ビフィズス菌には酢酸などの栄養素を作り出す働きも持っています。酢酸は悪玉菌の数を減らすことができますので、腸内環境には心強い味方です。

乳酸菌

ひとくちに乳酸菌と言ってもその種類は非常に多く、様々な働きをもつ乳酸菌が確認されています。腸のぜんどう運動を促進したり、腸内の腐敗を抑えたりと腸内環境を整える働きがあります。腸内だけでなく、虫歯菌などの口腔内についても調整することが分かってきた働き者です。

オリゴ糖

オリゴ糖は腸内環境を整える善玉菌のエサになります。善玉菌がオリゴ糖を食べることで、悪玉菌を抑えやすくなってきます。その結果腸内環境が善玉菌によって整えられます。オリゴ糖に直接の整腸作用があるのではありませんが、オリゴ糖は消化されにくく、大腸まで届くので善玉菌にとって貴重なエサなのです。

ラクトフェリン

ラクトフェリンは母乳に含まれている成分で、ラクト(たんぱく質)とフェリン(鉄分)が豊富に含まれています。このラクトフェリンは腸内環境だけでなく、貧血を防ぐ働きもします。便秘については腸内の善玉菌を増加させる働きが実験結果で判明しております。

食物繊維

食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類に分けれらます。不溶性食物繊維は消化されずに大腸まで届き、便の量を増加させ便意を促進します。水溶性食物繊維は善玉菌のエサになり、善玉菌が増えることで腸内環境が改善されていきます。

ユーグレナ

ユーグレナは聞き慣れないと思いますが、微生物のミドリムシのことです。ユーグレナの便秘に対する効果は、乳酸菌などの善玉菌を腸内で増やして、腸内環境を整える働きがあります。また、ユーグレナに含まれるパラミロンが腸内にある滞留便などを吸着させて体外に排出する働きがあります。

 
腸内環境を整えて脱メタボ