メタボの原因は腸内環境にあった!!

HOME » 私のメタボ奮闘記 » 漢方でメタボな体にさよなら

漢方でメタボな体にさよなら

 このページでは、メタボ解消に効果的な漢方成分について解説します。

メタボなお腹を漢方でスッキリさせたい!

巷では
「私は、このサプリメントで痩せました」
「たったの2週間で驚きの体重に!」
といった宣伝をしているのダイエット製品がいっぱいありますね。

本当に痩せるのか半信半疑のまま買ってみたものの、やっぱり効果が出なくてすぐにやめてしまった。
そんな経験は誰でもあるのではないでしょうか。

何で痩せないのか調べていくうちに、一つの効果的な方法を見つけました。
それはズバリ、漢方です。
漢方には体のバランスを整え、根本的な体質改善をしてくれる効果があります。
メタボとなる要素を取り除き、ダイエットと同時に体の内から健康的にしてくれます。

これから私が調べた、漢方によるメタボ解消のイロハを紹介します。

効果を最大化する方法

まず、漢方を使うタイミングについて調べました。
漢方薬によるダイエットを実践したいケースとしては、以下の4つが挙げられます。

  • 医者に痩せることを勧められた場合
  • 自分を磨く為の美容目的のダイエットの場合
  • 便秘解消などの体調改善が目的の場合
  • 栄養や健康などが目的の場合

漢方を服用する上で一番気をつけるべきポイントは、自分の目的にあった漢方を服用することです。
自分の目的にあっていないものを服用しても、望んだ効果は一向に出ないので、注意しましょう。

太る3つのタイプと成分効果

漢方では、体が太ってしまう要素を気、血、水の3つに分けています。
この3つの要素のバランスが一つでも崩れると、太ってしまうと考えられているようです。

ではひとつずつ紹介していきましょう

気太りタイプ
気太りタイプは、神経質な人やストレスの多い職業の人に多くみられます。
ストレスなどの負荷によって、新陳代謝が鈍り太ってしまいがちになります。
他にも「肩こり」「過食」「便秘」などの症状も出ます。
このタイプの場合は「大紫胡湯(だいさいことう)」「加味逍遥散(かみしょうようさん)」などの漢方を服用することが最適です。

血太りタイプ
血太りタイプは、不規則な生活や外食による血液の流れが悪くなった人に多くみられます。
太る以外の症状として「熟睡できない」「イライラしやすい」「肌が荒れやすい」などがあります。
このタイプの場合は「桃核承気湯(とうかくじょうきとう)」「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」などの漢方が最適です。

水太りタイプ
水太りタイプは、体内の水分がうまく流れなくなり太ってしまいます。
太る以外にも「頭が重くなる」「疲れやすい」「水分をよくとる」などがあります。
このタイプの場合は「防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)」「五苓散(ごれいさん)」などの漢方が最適です。

◆防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)
効能:むくみ、肩こり、便秘、肥満症

 ◆防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)
効能:むくみ、多汗症、肥満症

 ◆大紫胡湯(だいさいことう)
効能:高血圧、胃腸の病気、高血圧、肥満症

 ◆大承気湯(だいじょうきとう)
効能:便秘、肥満症などの解消

 ◆加味逍遙散(かみしょうようさん)
効能:肩こり、神経症、頭痛、生理痛

 五苓散(ごれいさん)
効能:吐き気、下痢、嘔吐、めまい

 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
効能:めまい、冷え性、肩こり、頭痛、生理痛

 ◆桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
 効能:頭痛、便秘、肩こり、めまい

正しい漢方の知識を知り、効果的なダイエットを実践しましょう。

 
腸内環境を整えて脱メタボ