メタボの原因は腸内環境にあった!!

HOME » こんな人は腸内環境が悪いかも… » アレルギー体質だ

アレルギー体質だ

アレルギーと腸内環境の関連性をリサーチ。消化・吸収と免疫機能のかかわりについて説明しています。

腸内環境とアレルギーの意外な関係

花粉症などのアレルギーは、腸内環境と密接なかかわりがある、ということが近年少しずつ認識されてきています。

アレルギーやアトピー性皮膚炎の患者の腸を調べてみると、多くの人が、腸内環境を悪くしています。つまり、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が少なく、大腸菌、クロストリジウム、黄色ブドウ球菌など悪玉菌が繁殖している状態です。

アレルギーは免疫機能の異常によって引き起こされる疾患。免疫はそもそも、ウィルスや細菌など、人体にとって有害なものを排除する防衛機能ですが、本来有害ではないものに対して過剰反応してしまうのがアレルギーです。

実は免疫機能の60パーセントは腸に集中しています。アレルギーの症状は鼻炎や皮膚炎などの形で出ることが多いので、症状の出る場所にばかり目が行きがち。でも、異物に対してもっとも大きく反応しているのは実は腸なのです。

消化・吸収の異常でアレルギーが起こる

アレルギー症状を引き起こす原因になる物質は、アレルゲンといい、花粉のほかにもさまざまな種類があります。

体内に入ってきたものは腸で消化され、アミノ酸など分子のレベルまで分解されたのちに吸収。しかし、悪玉菌の増加などによって腸内環境が悪くなると、腸壁に傷やただれができて、その傷口から、本来吸収されるべきでない未消化の物質を吸収してしまうのです。

腸は吸収された未消化のアレルゲンを異物と判断。粘膜で抗体をつくり、活性化させ、炎症を起こして異物を外に出したり殺そうとしたりします。これがいわゆるアレルギー反応。腸の粘膜で起こった反応が体中で同じように起こり、目や鼻・のどの粘膜でも炎症が起こります。

しかしいくら外に出しても、花粉の場合はあとからあとから入ってきますし、殺そうとしても相手は本来無害な物質ですから、「のれんにうでおし」状態。症状は悪くなるばかりです。

便秘の人はさらに・・・

便秘がちな人の場合は、体が宿便を再吸収するという、非効率なはたらきが作用することがあります。

便が腸内に長くとどまっていると、腸は「こんなに長く体にあるのだから、体にいいものに違いない」と勘違いし、異物として排出したはずのものを再吸収してしまうのです。

これでは、排出したはずのアレルゲンをさらに吸収してしまうことになるので、炎症がますます重くなってしまいます。

このように、アレルギーは腸内環境と深い関係があります。

薬を飲んでも根本的な解決ができないアレルギー。悩んでいる方は、いちど腸内環境に注目してみてはいかがでしょうか。つらい症状が軽減されるかもしれません。

 
腸内環境を整えて脱メタボ